学生が部屋を探すとき、賃貸アパートや賃貸マンションなどになり、共有部分について学びます。

学生の部屋探し、共有部分と専有部分
学生の部屋探し、共有部分と専有部分
学生の部屋探し、共有部分と専有部分

学生の部屋探し、共有部分と専有部分

学生が部屋を探すと、学校が紹介してくれる共同の部屋など以外に、賃貸アパートや、賃貸マンションなどになります。
専有部分がありますが、住戸部分を専有部分と言っています。
また敷地内である専有部分以外の場所は共用部分とされています。
わかりやすくいうと、エントランス、階段、廊下、自転車置き場、駐車場、ゴミ置きなどが含まれています。
さて、「バルコニー」や「ベランダ」については、占有部分か、共用部分なのでしょうか?
答えは、「共用部分」になります。
普段から自分の部屋のベランダなので、自分だけしか使用しないし専有部分かと思われがちなのですが、他に専用庭なども共用部分となります。
その建物により、火災などの緊急があった際には、避難通路になることもあります。
ですから、大きなものを設置していた、置きっぱなしなどは注意しなければいけません。
2つ目に、住まいの玄関の付近にあるメーターボックスがありますが、この部分に荷物の置き場などに利用をしてもよいのでしょうか?
ここに何か置いている人も多いのではないでしょうか。
答えは「ダメ」です。
本来の目的は、電気やガス、水道などのメーターが設置されているものです。
このメーターボックスは、実は共用部分になりますから、係りの人の検針などの妨げになってしまいますから、もの置がわりとしての利用は迷惑となりますから、注意しましょう。

駐車場や、夜のお風呂はどう?

3つ目に、「駐車場の敷地内の駐車スペース外には、クルマを駐車してもいい?」のでしょうか?
それとも、駐車をしてはいけないのでしょうか?
もちろん、駐車をすることはいけないんです。
たとえ駐車場の敷地内であっても、駐車をするスペース外にクルマを停止することは、厳禁になります。
他に利用をしているクルマの迷惑になることもあります。
また、クルマを止めていることで緊急車両の通行を妨げることにもつながりますから、しっかりと守らなければいけません。
他にも集合住宅で一番多いトラブルになっていることが、音に関することです。
では、深夜に、入浴や掃除機、ないし洗濯機をかけるという行動はどうでしょうか?
もちろんダメです。
集合住宅では深夜に入浴をすると、いくら防音設備があってもパイプやダクトなどを伝ることで、予想以外に大きな音となり響くものなのです。
本人は仕事をして夜に風呂に入ったり、夜型生活になっていますが、掃除機や洗濯機なども、特に静かな深夜になると、大きな騒音となってしまうのです。
自分とは生活習慣が違っているために、周囲の人の睡眠の妨げになりかねませんから、いくら学生や若い独身であっても近所との揉め事となりますから、気をつけましょう。

RECOMMEND

Copyright (C)2014学生の部屋探し、共有部分と専有部分.All rights reserved.